閃輝暗点、サプリメントはありますか?

自分でできるセルフケア対策 その3

閃輝暗点に良いとされるサプリメントはありますか?

更新日 2020/07/24、2021/03/05、2021/12/19, 

女性 59歳:「閃輝暗点だけで頭痛なしです。頻繁に起こるのに病院では治療してくれません。これからもずっとこんな状態が続くのかと思うと不安でなりません。薬草ハーブで閃輝暗点が出なくなった人がいると聞きました。教えてください。」

男性 49歳:「病院は頭痛薬を出すだけで、もう8年も飲んでいるのに完治することはないと言われ不安です。薬代も高いし、薬以外にサプリか何か方法はないでしょうか?」

女性 45歳:「ネットのWikipediaに、亜鉛とかマグネシウムやカルシウムが良いと載っていましたが、どんなサプリメントが良いか分かりません。良いサプリを紹介してください。」

女性 40歳:「起こる回数だけでも減らしたい。何か良いサプリメントはありますか?」

このようなご相談が寄せられています。

特にご相談で多いのが「閃輝暗点のみ頭痛なし」です。頭痛なしのケースは現代医学では治療法がないため、より不安を感じておられるようです。

そこで今回の自分でできるセルフケア対策は、「その3、サプリメントを活用して、ケアする」です。

植物性ハーブ食材と栄養機能性食材の2点を紹介します。体験者のコメントやレビュー評価も後方に掲載しています。併せてご覧ください。

 

自分でできるセルフケアその1、「誘因を見つけて、ケアする!」は、こちらをご覧ください。

自分でできるセルフケアその2、「代替療法を摂りいれて、ケアする!」は、こちらをご覧ください。


●植物由来ハーブ食材!

閃輝暗点に良いハーブエキス「キャッツクロウ」をご紹介します。

「キャッツクロウ樹木エキス末」:

キャッツクロウは南米ペルー原産の大きなつる状の樹木で、古代インカ帝国の時代から伝承薬「痛み取り薬草ハーブ」として知られ、リウマチや関節痛などの慢性痛、そして突発的な片頭痛の治療に用いられてきました。

枝の間に猫の爪のようなとげがあることから「Cat’s Claw キャッツクロウ」と呼ばれています。

根の皮や樹皮に含まれる複合アルカロイドが機能性成分です。

中でもオキシインドールアルカロイドは、リウマチや関節痛、腰痛など慢性痛に有効ですが、もう一つは閃輝暗点のような突発的な片頭痛にも改善が期待できます。

血小板からのセロトニンの過剰な放出を抑制し、片頭痛の前段階の脳内血管の炎症を鎮める抗炎症作用があります。閃輝暗点の原因とされる脳内血管の炎症、うっ血、腫れ、痛みなどを抑制します。

キャッツクロウ樹木エキス末は閃輝暗点の頭痛あり、頭痛なしのどちらのケースにも適応します。

痛みに移行する前段階の「炎症」を引き起こす起炎性物質プロスタグランジンの出現を、生成される段階において阻止することで、「炎症」を未然に防ぎ、頭痛のあるなしに関わらず「閃輝の現れる段階」に対応しますので、特に「閃輝暗点のみ頭痛なし」のケースにも有効です。

 

「閃輝暗点のみ頭痛なし」のケースは現代医学ではよい対処法がありません。閃輝のみが現れるのは視神経の血管の炎症によるものと思われますので、アルカロイドの抗炎症作用が頭痛なしにも効果的と言えます。キャッツクロウは即効性があるうえ、継続的に服用しても副作用や習慣性はありません。また継続して摂取することで、片頭痛にかかりにくいアルカリ体質に改善していきます。

また、経口避妊薬ピルを処方されなくなった方の代替療法として、アルカロイドは適していると考えられます。

●ピルと閃輝暗点について、詳しくはこちらをご覧ください。

この優れた抗炎症作用などが世界的に評価され、1994年国連の機関、WHO(世界保健機関)において、「内臓に障害を与えることなく、炎症抑制効果のある安全な植物メディカルハーブである」として公式認定されています。世界的にも認められ、ヨーロッパでは抗炎症薬として医薬品認定されており、安全性においても確認されています。キャッツクロウ樹木エキス末は科学的根拠(エビデンス)に基づいた薬用植物ハーブです。

●キャッツクロウ樹皮成分を配合された製品の取り扱い公式Webサイトは、こちらをご覧ください。

キャッツクロウは、世界中で人気が高く、たくさんのメディアにて紹介されています。

●キャッツクロウの本や書籍、文献などがたくさん出版されています。キャッツクロウの本のご紹介。

●ウイキペディアでも紹介されています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC


●必須ミネラル亜鉛と、アミノ酸の機能性栄養食材!

閃輝暗点を補うサプリメントは、牡蠣エキスがあります。

「牡蠣エキス末パウダー」: 

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるように、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど栄養の宝庫です。

亜鉛、マグネシウムなどのミネラルや、トリプトファンなど、体内で作り出せない9種類の必須アミノ酸など、5大栄養素すべてを備える完全食と言われる総合栄養食材です。

中でも亜鉛の含有量が非常に高いことが特長です。 

閃輝暗点の発症機序(発症メカニズム)は、何らかの誘因で脳内血管が拡張することによる視神経の炎症と浮腫(はれ)です。その血管拡張を抑える作用があるのが神経伝達物質セロトニンです。

 ヒトは体内に、セロトニンを摂りいれることはできません。それは血液脳関門というバリアでブロックされるので脳内はもとより体内に入ることができないためです。ですが、その原料は血液脳関門を通過することができます。つまり原料を摂りいれて、セロトニンを脳内で作り出し増やすことはできます。

その原料とは、亜鉛、鉄分、マグネシウム、カルシウム、トリプトファン、ビタミンB2などです。

「牡蠣肉エキス末(パウダー)」は、神経伝達物質セロトニンを生成するこれらの原材料をすべて揃えています。

近年、社会的な問題となっているうつ病やパニック障害の発症原因は、亜鉛・鉄分欠乏とタンパク質不足が原因の一つであることは医学的に証明されています。

うつ病患者への治療薬「抗うつ薬」には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性抗うつ薬)などが処方されますが、これらも脳内のセロトニンを増やす効果があります。..

「牡蠣肉エキス末(パウダー)」には亜鉛・鉄分もタンパク質も豊富です。脳内セロトニン不足や鉄分欠亡を補い、閃輝暗点発症の改善・予防に適していると期待されます。

出典:藤川徳美著「うつ・パニックは鉄不足が原因だった」(光文社新書)

 ●牡蠣食材の主成分亜鉛・アミノ酸を配合された製品の取り扱い公式Webサイトはこちらをご覧ください。

○「ウィキペディア」にも記載されている食材。

ネットで「閃輝暗点」と検索すると、「ウィキペディア」が出てきます。

そのインターネットの世界的フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」によりますと、閃輝暗点の「療法」のコーナーに、「亜鉛とカルシウム・マグネシウムのサプリメントは、閃輝暗点が起きないようにするための対処方法である」と、記載されています。

これは脳内セロトニンを増やすことが対処法であるということを示しています。セロトニンは神経伝達物質で脳内ホルモンですが、不足して外からセロトニン自体を注入しようとしても脳が拒絶して入ることはできません。ですがその材料を摂取して脳内で増やすことは可能です。その材料が亜鉛でありカルシウムであり、マグネシウムです。この方法しかありません。まさに「牡蠣肉エキス末」にすべて含有される栄養成分のことです。

出典:ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%83%E8%BC%9D%E6%9A%97%E7%82%B9          


☆☆☆☆レビュー評価

YE様 女性 56歳

年齢のせいか、気圧の変化で体調が悪くなっていました。雲が出て来て今にも雨が降りそうになると、閃輝暗点が出るようになりました。病院で出される頭痛薬に頼っていましたが、いつも薬に頼るのは良くないのでは?と思うようになり、思い切ってネットでキャッツクロウを注文しました。半年過ぎるころからまったく閃輝暗点が出ていません。起こらなくなりました。まもなく2年になります。雨が降っても全然出ていません。

 

 

NO様 女性 38歳

生理のせいかなと思ってはいたのですが、こちらのネットを見てやっぱりと思いました。すぐにキャッツクロウを送ってもらいました。生理の前も、生理が終わるころにも閃輝暗点が起こっていましたが、キャッツクロウのおかげかしら、起こる回数が減ってきました。それと生理痛の痛みもあまり痛く感じないようになりました。

 

 

S・Y様 女性 62歳

閃輝暗点のみ頭痛なしです。脳神経外科でMRIも撮りましたが、目も脳もどこも異常なしと言われて、なにも治療されず帰されました。そのあとも月に5回も起きたりしてとても不安な毎日を送っていました。

何か対処法があるのではないかと、ネット検索していましたらこちらのサイトを見つけました。

「キャッツクロウ」と「牡蠣エキス」が2つ紹介されていましたが、1つずつ試してみようと、まず「キャッツクロウ」1瓶を先に注文しまして飲み始めました。

1か月で飲んでしまうころ、1度も起こらなかったので「これはいいかも知れない。」と、続けて注文しました。1年間のトータルでは、3回ほど閃輝暗点は出ましたが、とても軽くて済みました。この程度の軽さで済むならキャッツクロウを飲んでいる甲斐があると言うものです。

飲み始めて3年目になりますが、このまま飲み続けたいと思っています。

 

コメント

HW様 女性 45

40代から閃輝暗点が起こるようになりました。生理周期に関連しているように、生理中に年に数回あります。

閃輝暗点は、頭がぼうっとしますが頭痛はありません。

神経内科の先生から、「閃輝暗点のある片頭痛持ちは脳梗塞のリスクが上昇する。」と言われて、今までMRIを2回撮りました。

どこも異常はない。問題ないと言われました。

年に1回はMRI検査した方が良いとも言われました。

でも治療らしい治療は何もされなくて、薬も出されませんで帰されました。

それでネットで閃輝暗点のことを検索していましたところ、こちら様のサイトに詳しく載っているのをようやく見つけて、キャッツクロウを申し込んで購入しました。

飲み始めは生理中に2回起こりましたが、いまではまったく起こっていません。

牡蠣エキスの方は試していませんが、今のところ私にはキャッツクロウが合っていると思います。

 

コメント 

ジャムおじさんの娘(水曜日、28 6月 2021 13:33)                    #4

初めて発症したのは中学1年のときです。

友達と教室で普通におしゃべりをしていましたら、急に目の前に綿菓子のようなものが見え、「バイ菌が見える」なんて言ったので、友達のみんなに笑われたのを覚えています。

社会人になってから閃輝暗点が頻繁に出るようになりました。

職場で初めて発作が出たとき、同僚や上司に症状を話してもまったく理解してもらえず、閃輝暗点という病名も誰も知りませんでした。

この職場での出来事が自分ではとてもショックで、すぐに脳神経外科に行き、診断してもらいまして、頭痛薬をいただきました。その頭痛薬で頭痛だけは抑えられるようになりました。

でもキラキラだけは病院の先生に聞いても、「片頭痛の前兆として現れる閃輝の光はどうにもできない。」と言われました。

このまま頭痛薬をずっと飲み続けるのは嫌だなと悩んでいました。それで、スマホで検索しました。それで、キャッツクロウを見つけました。

すぐに1瓶購入しまして飲み始めたのですが、それからもう2年ほどなりますが、1回も出なくなりました。2年間出ていません。起こらなくなりました。

 

コメント

さくらっ娘 (月曜日, 08 10月 2018 22:18)                          #3

43歳、女性、閃輝暗点にはじめてなったときは、とても怖かったです。眼科の先生から頭痛がない方が危ないとか言われて、すぐ脳神経科でMRIで調べましたが異常なし。でも目も脳も異常なしなのに何回も起きたりしてますます怖くなってきました。でもこちらさんのネットを読んでいると、うなずいてました。私と同じような年齢で、同じ症状の方がたくさんおられて嬉しかったです。安心しました。実家の母が倒れたときだったり、まだ若いつもりでも体は更年期に入ってるのかなと思い当たることばかりです。牡蠣エキスを頼んで飲むようになってから、閃輝暗点が起きてもまったく怖くなくなったことがとても嬉しいですね。

コメント 

スイーツメモリー(土曜日、02 1月 2021 14:58)                        #1

女性、44歳です。まだ20歳前の頃からずっと、閃輝暗点が年に30回くらい出ていました。月に5~6回も頻繁に起こることもありました。症状はキラキラの後がひどくて、数時間にわたって、こめかみ、首すじを激痛がおそい、眼の前が白く半透明になって、涙が出るので何も見えず、吐き気まであり、ソファーの上で毛布を頭からかぶって、体中汗びっしょりになってのた打ち回っていました。そのつど頭痛薬を飲んでいましたが効かないので、鍼灸、整体、電気マッサージ、温熱治療までやりました。でも全く効果がなく、いつ閃輝暗点が出るかと恐怖心に怯えながらの生活を何年もしていました。
牡蠣エキスは、友達のお母様が飲んでいて、閃輝暗点にも良いそうだから飲んで見たらと教えてくれました。この怖い思いから少しでも逃れられるならとすぐ550粒入りを1瓶頼みました。3ヶ月まったく起きませんでした。続けてみようと3ヶ月ごとに頼んで1年があっという間に過ぎました。その1年間、なんだか別の人になったみたいで、毎日見る景色が違って見えて、新鮮な気持ちでワクワクしました。あの恐怖で怯えていたことが本当にウソのようです。しあわせホルモンのセロトニンが増えているおかげかしらと感謝しています。

 


まとめー編集後記

これまで、頭痛にはマグネシウムやカルシウムが良いのでは?という程度の情報しかなく、閃輝暗点疾患に期待できるサプリメントはありませんでした。

そこで今回は、閃輝暗点に適応される栄養機能食品のサプリメントの紹介と、体験された方々の情報を特集しました。

今回ご紹介した薬用ハーブやサプリメントは、エキスを凝縮して飲みやすくタブレット(粒タイプ)に加工して、製品化された商品が国内でも通信販売などで広く市販されているようです。興味のある人は試しに飲まれてはいかがでしょうか。

「薬用植物ハーブエキス」を配合された加工製品情報は、こちらをご覧ください。

「亜鉛・アミノ酸」を配合された加工製品情報は、こちらをご覧ください。

飲み方やご注文の方法なども載っていますので、ご利用になられてみてはいかがでしょうか?

この下にも体験者のコメントがありますのでご覧ください。        

ブログ一覧に戻る  

コメント: 10
  • #10

    五月の薫風 (日曜日, 11 4月 2021 17:03)

    44歳の男性です。片頭痛になるのは栄養が足りないと思って、ドラッグストアで「マルチビタミン」というのを買って飲んでいました。内容はビタミンA,B,C、E,B₁、B₂、B₆、B⒓、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸です。会社の先輩から「亜鉛とマグネシウムが足りないと片頭痛になる」という話を聞いて、ネットでググって見ました。先輩の言う通り亜鉛不足、マグネシウム不足で閃輝暗点になると載っていましたので、すぐ牡蠣エキスDXを注文しました。それ以来、閃輝暗点は出なくなりました。

  • #9

    天使のつけまつ毛 (土曜日, 06 3月 2021 21:29)

    病院の先生から、「生理の影響で閃輝暗点が起こる、生理のない妊娠中は閃輝暗点は起きない。生理が上がって閉経すれば閃輝暗点が起こらなくなるよ。」と言われました。でも私の知り合いに閉経しても頻繁にキラキラの閃輝暗点が出る人がいます。私も今44歳ですが、月に2回も起こるこの状態がこれからも続くのかと思うとゆううつでした。出ないようにしたい、回数だけでも減らせないかと思い、ネット検索してこちらの「特集 閃輝暗点の原因について」を見つけて、読ませてもらいました。それで「牡蠣エキスDX」を頼みました。そうしたら出る回数が減りました。年に春と秋に4回くらいになりましたよ。毎月1~2回、一年中20回以上起きてたときに比べれば、夢のようです。完全に良くならないにしても、この程度なら我慢もできるし安心です。一生治らない病気だからサプリメントを使って、上手に気長に付き合っていくしかないようですね。

  • #8

    LINEは、かいらん版よ (日曜日, 24 11月 2019 18:23)

    私も中学3年のときからずっとです。閃輝暗点と生理痛と生理不順もありましたが40歳になるのに相変わらずでした。友達が同じような生理不順で産婦人科からピルをもらって飲んでいました。私も先生にお願いしましたら「閃輝暗点のある人にはピルは処方できない」と言われました。脳梗塞になるとかのリスクが高くなるからと言われました。排卵日の前後や生理前は閃輝暗点と生理痛のダブルパンチでとてもつらかったです。他に治し方がないのかネットを見ていましたら、このサイトでキャッツクローを見つけたのです。2年と3か月になります。閃輝暗点の起こり方も減りましたが、生理痛があまり感じなくなったのが本当にうれしいですね。

  • #7

    ブーイング娘 (土曜日, 07 9月 2019 15:02)

    皆さんのコメントいつも読んでいます。ペンネームが面白いですね。思わず吹き出してしまいます。いつ起こるかわからない閃輝暗点に悩まされる毎日を送っておられると思いますが、明るく過ごしておられるのがうらやましいです。私は情けないくらい落ち込んで、ブーブー文句ばかり言うので、家族から「ブーイング娘」と言われています。皆さんのように前向きで明るい名前にしたかったけど思いつかなかったです。キャッツクローを私も飲んでいます。めんどうぐさがりで、注文するのを忘れて飲まないときがありますけど、飲んでいるときは閃輝暗点は起きません。ケロッとしています。生理前後によく起きていましたが、あまり起きなくなりました。それと生理痛も軽くなりました。閃輝暗点になるとほんとに嫌ですよね。家族中がネクラになります。これからもキャッツクローを飲みます。そして皆さんのように前向きで明るく過ごしていきたいと思います。

  • #6

    紫 しきぶとん (日曜日, 25 8月 2019 21:59)

    今51歳ですが、10年前からキャッツクローを飲み始めました。そのころ手の指がこわばってとても痛い関節痛リウマチでした。知人からキャッツクローはリウマチの痛みに良いよと教えてもらい飲むようになったのです。それと10代の頃から閃輝暗点もありました。キャッツクローは5年ほど続けまして、リウマチの痛みが軽くなったのでやめていました。そうしたら閃輝暗点が頻繁に起こるようになりました。親の葬式などでバタバタしたり、子供の進学のことでストレスが溜まっていたのもあるのでしょうか。
    そういえばキャッツクローを飲んでいるときは閃輝暗点が起こらなかったのです。
    それでまた、3年前からキャッツクローを飲み始めました。飲んでいると起こりません。この2年ほどは軽い片頭痛が3回くらいあっただけでした。

  • #5

    夢見る乙女も今太目 (木曜日, 15 8月 2019 13:06)

    どのサプリもだいたい一箱(袋)30日分ですので、それで良くなかったから、合わないからと、すぐ違うサプリに手を出して飲んだりしていました。主人から「春、夏、秋、冬、1年を通して、トータルで結果を見ないとわからんだろうが!」と叱られました。私が閃輝暗点の発作が出ると寝込んでしまうので、機嫌が悪くなるのです。主人の気持ちもわかるのですが・・・。
    「閃輝暗点の原因について」のサイトに飲まれた方たちのお話がたくさん載っていましたので、それでキャッツクローを続けてみようと思いました。もう3年ほど飲んでいます。途中少し空いた時もありましたが、私なりにがんばっています。起きる回数は確かに少なくなりますよ。寝込まなくなりました。うちのご主人さまも上機嫌です。たまに閃輝暗点は出ますけど、皆さんのおっしゃるとおり、一生付き合っていくしかないですね。頑張りましょうね。

  • #4

    うちの猫が一番 (水曜日, 14 8月 2019 22:15)

    こんにちは、40歳、女性です。猫2匹います。姉妹です。私もキャッツクローを飲み始めて1年経ちました。いとこから生理痛に良いと聞いて飲み始めたのですが、閃輝暗点の人も続けておられると聞いて、永く続けるつもりで飲み始めました。生理のときもですが、季節の変わり目の頃や、梅雨どきに閃輝暗点が出ていましたので、1年通して飲んで見ないとわからないと思ったからです。とくに冬から春にかけて、それと秋から冬になる頃に2日連続でキラキラになるのです。布団を頭からかぶって、頭痛と吐き気と闘いながら、ただひたすら時間が経つのをじっと待ちながら心で祈っています。この10年間は、医薬品はやめていましたのでいつもこんな感じでした。だから季節ごとにどうなのか1年以上試してみようと思って飲み始めました。おかげさまでとても結果が良かったです。初めの3か月まったく出ませんでした。生理の前後はやっぱり閃輝暗点が出ましたが、1年通してみて3回しか出ませんでした。季節の変化に負けない強い自分になったようでとても嬉しいです。

  • #3

    きゃっつのふくみみ (日曜日, 04 8月 2019 19:59)

    40歳です。私も猫の肉球大好きです。キャッツクローを飲み始めたのは、まだ結婚する前の頃です。閃輝暗点に悩まされていまして、会社の先輩が同じ症状でキャッツクローを飲んでおられて、それから教えてもらって飲み始めました。結婚して上の二人のときは、妊娠中には全然閃輝暗点は起こらなかったのですが、3人目を妊娠してすぐ閃輝暗点が起こりましてひどい目に合いました。前からお世話になっている内科の先生は、「妊娠すると普通は片頭痛は起こらないのだが?」と言って、「妊娠中だからなるべく薬は控えるように」として、首の後ろを冷やす方法を指導されました。
    出産後にまた閃輝暗点が、頻繁にひどく起こるようになったので、キャッツクローを再開して飲みました。飲んでいると起こりません。一年通して2回くらいです。3月とかの季節の変わり目の頃ですが、起こった時、頭痛もあるときは、キャッツクローを余計に飲んで、内科の先生に教えてもらったように、首の後ろ辺りをアイスノンで冷やすようにするとピタッと頭痛はしなくなりますよ。

  • #2

    キャッツのニクキュー (火曜日, 30 7月 2019 09:51)

    41歳、女性。キャッツクローを飲み始めて1年と10か月です。閃輝暗点が起こり出して10年になります。病院でトリプタノール、予防薬としてイミグラン、ミグシスなど処方されましたが、初めは効いていましたが後にまったく効かなくなってやめています。薬物とは違う方法を探して、いろいろ試してみました。フィーバーヒュー、オオイタドリ、ズキなんとか、シシウド、漢方薬の釣藤散などです。フィーバーヒューは1箱飲んで見ましたが頭痛がひどくなり、イタドリも同じですぐにやめました。釣藤散は漢方の先生が「1年は飲み続けてみないとわからないよ。」と言われましたが、続けるうちにいろんなものが追加されてだんだん値段が高くなってきましたので途中でやめました。ネットでこの「閃輝暗点の原因について」の解説を拝読させてもらいまして、サイトからキャッツクローを購入しまして飲み始めました。初めの1箱がなくなるまで全然閃輝暗点は出ませんでした。半年のうち閃輝暗点は3回出ました。でもすぐに終わってくれるので、これはいい感じだと続けることにしまして、もう2年ちかくになるというわけです。私としては「探しているものがやっと見つかった。」という感じです。心配性なので、体が慣れだすと効かなくなるかもしれないなんて、余計なことまで想像しながら、そうならないようにとお祈りしながらキャッツクローを飲んでいます。

  • #1

    悩めるジャスミン (月曜日, 29 7月 2019 10:07)

    38歳、女性です。私の閃輝暗点の起こるのは、いつも生理の始まる前後や、終盤の頃です。それと雨の降りそうな時です。特に梅雨時は必ずと言ってよいほど閃輝暗点が起こります。でも片頭痛とは思っていませんでした。それは私は肩こりがひどくて、それで頭痛がするから緊張型頭痛と思っていました。病院へは行かず市販の鎮痛剤を飲んでいましたが効いたり効かなかったり。でもやめることもできず、ずるずると飲んでいました。スマホでこちらの本文サイトを読んで見まして、ようやく閃輝のある片頭痛と分かりました。キャッツクローをすぐ購入して飲み始めました。おかげで楽になりました。市販の鎮痛剤はやめることができました。閃輝暗点は今でもときどき出ますけど程度が軽いです。1年くらいは飲んで見ようと思っていましたけど、もう2年半くらいが経ちました。それは肩こりも楽になったからかな。ありがとうございました。