キラキラと光が見える!?閃輝暗点と間違いやすい眼の病気とは?

光が見える!?閃輝暗点とよく似た症状の間違いやすい眼の病気とは?

閃輝暗点の症状は、初めに目が見えなくなったり、キラキラする閃光を見えたりしますが、そのような目のトラブルと間違い安い目の病気があります。

 

飛蚊症

加齢黄斑変性症

緑内障

白内障

糖尿病網膜症

網膜剥離

光視症

                      このような眼の病気について詳しく解説したサイトがあります。

                                 ブログ一覧に戻る

コメント: 1
  • #1

    一生カープファン (土曜日, 22 9月 2018 22:43)

    69歳、男性、定年退職後バイトに行くようになったら、よく閃輝暗点になります。年に30回もあります。初めてのとき、目が見えなくなるので大きな病院の眼科に行きました。若い医者で「良性の黄斑変性症かな?たぶん?」と。誠に頼りない。ネット検索で、お宅のサイトに書いてあったように開業医の眼科に行きました。そこで閃輝暗点と教えてもらいました。内科への紹介状も書いてもらいました。とても助かりました。ありがとうございました。