閃輝暗点 キラキラの出ないようにする治療法はない!?

閃輝暗点 キラキラの出ないようにする治療方法はない?

「あ!またはじまった!「目が見えなくなる!突然視界に黒い点が!」「光り出してどんどん大きくなって視界全体に回り出す。」、「この不気味なキラキラが、出なくする方法はありませんか?」

 

「医療相談室」へのご相談やご質問の中で、閃輝暗点についてのお尋ねで一番多いのがこの質問です。

「突然、視界全部を覆い尽くすキラキラの閃輝暗点。片頭痛の前兆として現れる異様な光の現象。そしてこの後に起こる強烈な頭痛に襲われる。この症状により3~4時間は何もできない。予定が狂ってしまう。何とかならないのか。」「キラキラの出ないように予防はできないか?」

このようなご質問や、ご相談が多くあります。

この閃輝暗点に翻弄されて、肉体的にも、精神的にもQOL(生活の質)の低下を余儀なくされて、日々悩まされている方がたくさんおられます。

しかし、残念ながらキラキラの閃光を出ないようにする治療法はありません。

21世紀の今日においても、西洋医学療法では開発されていません。その研究さえなされていないのが現状です。

頭痛を治す治療薬はあります。トリプタン系製剤が2001年(平成13年)に認可されて以来、特効薬のように効果を得られています。また頭痛が起こらないようにする予防薬もあります。(ここでいう予防薬とはあくまで医師が処方する頭痛薬です。頻繁に起こる頭痛を予防するための予防薬です。市販薬ではありません。)

しかしキラキラの閃光を消す、あるいは出ないように予防する、回避するといった治療薬はありません。ですから閃輝暗点の治療法とは、閃光のその後に起こる頭痛への治療、すなわち頭痛薬の投薬治療だけということになります。

何回も同じことを繰り返して言いますが、今現在の病院の医療では、キラキラが現れないようにする治療法はない、治せないということになります。一生続く病態と言われています。これから先もずっと、この症状に悩まされ続けることになります。

 

治療法がないなら、他の方法はないの?

閃輝暗点を補う代替療法があります!

現代西洋医療には限界があるのであれば、それを補う代替医療があります。その研究も進んでいます。これを代替補完医療といいます。代替療法とも言って、世界中でたくさんの代替医療を摂りいれた療法が行われています。

「閃輝暗点」の治療法に限界があるならば、何かしら代替療法があるのではないでしょうか。

 

そこで自分でできるセルフケア対策として、代替療法を摂り入れるという選択肢を探してみました。ご紹介します。

生活環境を改める、食生活を見直すといった広い意味で、「食事養生療法」という代替療法があります。「三大栄養素」や、「ビタミン」「ミネラル」が不足すると欠乏症になり、体内環境のバランスが乱れて身体にさまざまなトラブルが生じます。しかしながら足りない、不足しがちな栄養素は食事だけでは補えません。

そこでサプリメントで補うことがベストとなります。

この「食事養生療法」という代替療法は、ビタミン、必須ミネラル、必須アミノ酸などを含んだサプリメントを積極的に摂取することを推奨しています。

 

閃輝暗点を補うための代替療法があります。

その代替療法について詳しく解説したサイトがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

「閃輝暗点」に関連するその他の記事

このブログを読んでの感想や、ご意見をコメントに自由に書いて送信してください。

このすぐ下にある入力フォームの「名前」の欄は、ペンネームや匿名でもよろしいです。ブログ一覧に戻る

コメント: 0