閃輝暗点 自分でできるセルフケア対策、代替医療を摂り入れる!?

 

閃輝暗点の治療法としては、片頭痛がある場合トリプタン系製剤を使用した薬物療法がありますが、副作用の心配や薬代が高いといった弊害があります。

なるべくなら薬は飲みたくない、避けたいと思っている患者さんが多いようです。

単なる薬物投与では根本的な治療にはならないと、感じておられる方も少なくありません。

また、閃輝暗点のみで頭痛がない患者さんには、頭痛がないので治療法がありません。

 

このように何か他の治療法や対処法はないのか、自分でできるセルフケア対策はないのでしょうかといったご質問や問い合わせが多くあります。

 

西洋医学療法では治せないのであれば、非薬物療法、代替医療、補完医療などといった他の治療法を選択肢に取り入れることを考えて行かなければなりません。

では、その非薬物療法や、代替医療とはどのようなものがあるのでしょうか?

 このブログを読んでの感想や、ご意見をコメントに自由に書いて送信してください。

このすぐ下にある入力フォームの「名前」の欄は、ペンネームや匿名でもよろしいです。ブログ一覧に戻る

コメント: 0