ルテインダブルサポートi(アイ)のサイトページ タイトルボード

ルテインダブルサポートi(アイ)

ルテインダブルサポートi(アイ)をご愛用の、眼のスッキリとした女性

今注目の、世界最高級ブランド           「フローラグロールテイン」を、16mg 配合!

フローラグロ―ルテインは、米国ケミンヘルス社の登録商標です。

ルテインには、フリー体とエステル体の2種類があります。

もともと眼球内の水晶体や、黄はん部分に存在するのがフリー体ルテインです。

体内に吸収されやすい、このフリー体の天然ルテインを100%使用されているFloraGLO®ルテイン(フローラグロールテイン)を「ルテインダブルサポートi]は、16mg配合しています。

FloraGLO®ルテイン(フローラグロールテイン)は、世界最高品質を誇る、今注目の一流ブランドです。このロゴマークが品質の安心・安全を証明されています。

(FloraGLO®ルテインは米国ケミンヘルス社の登録商標です。)

 

フローラグロ―ルテインを、16mg配合した、天然ルテインです。

 

インデックス

   ○ルテインとは?

   ○ルテインの効果・効能は?

   ○ルテインと、加齢黄斑変性症

   ○ルテインと、緑内障サプリメント

   ○ルテインと、飛蚊症サプリメント

   ○ルテインは、ブルーライトをカットする

             飲むサングラス

   ○ルテインと、認知症

   ○ルテインを多く含んだ食べ物、食品は?

   ○ルテインの副作用は?

   ○ルテインの摂取量は?

    ○ルテイン、カシス、アスタキサンチン、

      ビルベリーを配合

    ○ルテインサプリメントの口コミ、お客様 の体験談、感想


このようなお悩み、ありませんか?

目がぼやける、目がかすむ、眼のピントが合わない。飛蚊症、緑内障、黄斑変性症が気になる方へ。

    

□ ぼやけ、かすみが気になる!

□ ショボショボする!

□ ピントが合わない!

□ ハッキリ見えない!読めない!

□ 見えづらい!

□ 蚊が飛んでる?が気になる!

□ 白くぼやける!ゆがむ!

□ PC、スマホのブルーライトが気になる!


あなたのその眼の不調は、光老化(酸化ストレス)が原因かも!?

光老化(酸化ストレス)とは、光(紫外線・青色光)を浴びることによって発生する「活性酸素」の ダメージから起こる老化(酸化)のことです。
紫外線は地球上に降り注ぐ太陽光線の一種。眼に大きな影響を与えます。

 

要因はさまざま上げられますが、その1つに「光老化(酸化ストレス)」があります。

 光老化(酸化ストレス)とは、光(紫外線・青色光)を浴びることによって発生する「活性酸素」のダメージから起こる老化(酸化)のことです。

 ※注意 加齢によって体の機能が徐々に衰える「自然老化」とは異なります。

目の老化現象を「光老化(酸化ストレス)」といい、比較的若い人にも起こります。 

 

光老化(酸化ストレス)の原因は、紫外線とブルーライト!

光線」(紫外線・青色光ブルーライト)を受けて発生する活性酸素・過酸化脂質が、身体を老け(酸化)させるのです。

   

 

網膜は常に、酸化ストレスにさらされています!

紫外線とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種です。

危険です!ブルーライト!

もうひとつの危険な光「青色光」 ブルーライトハザード

目の健康を守る対策を!

眼に危険な光、ブルーライト。

ブルーライトカット対策 + 抗酸化物質

ブルーライトの光は、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜にまで到達してしまいます。

活性酸素を発生させ、網膜の機能低下を引き起こす要因のひとつといわれています。 

目の疲れや、渇きに悩む人が増えている中で、LED液晶ディスプレイが発する光の中の青い部分「ブルーライト」の、目に与える影響が指摘され始めています。

 

厚生労働省のガイドラインでは、「1時間VDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った場合、15分程度の休憩をとること」を推奨されています。

 

ブルーライトをカットするメガネ(PCメガネ)をかけたり、PCやスマホの液晶モニター画面に、ブルーライトカット保護フィルムを貼って、ダメージを軽減させる方法があります。

☆保護フィルムによるの推定保護カット率は?

 PCモニター用      カット率  40%

 タブレット用        カット率  30%

 スマホ用          カット率  20%

 PCメガネ         カット率  30%

※注意 上記の保護フィルムやPCメガネのカット率は、100%カットではありません!

 

ブルーライトカットする液晶保護フィルム、

    

パソコンメガネ、

   + 

そして抗酸化色素成分「ルテイン」を!


ルテインは、飲むサングラス!?

ルテインは、強い有用性を持ったカロテノイドの一種で、眼の網膜の黄はん部に多く存在しており、ブルーライトをカットするフィルターのような有用性があります。

色素物質ルテインは、網膜を保護する「飲むサングラス」とも言われています。

 

光の刺激から目を保護し、はっきりと見るチカラをサポートします!


ルテイン、アスタキサンチン、ビルべリー、カシス。 4つの成分の、バランスがポイント!

マリーゴールドから抽出
マリーゴールドから抽出

 ルテインとは、緑黄色野菜に含まれるカロテノイド(色素成分)の一種です。

 もともと眼の角膜、水晶体、黄斑部分に多く存在し、まるでサングラスのように、紫外線ダメージやブルーライトハザード(青色光をカットして活性酸素から、眼を守っています。 

 

ただし、加齢に伴い減少するので、外からの補給が必要です。

 

人間の脳や目には、有害物質を通さないようにガードする関所

「血液脳関門」と、「血液網膜関門」が存在します。

ルテインはその関所を通ることができる数少ない成分です。 

 「アフリカンマリーゴールド」とは、聖母マリアの黄金の花という意味があります。

 

 アスタキサンチンとは、サケ、えび、かにや海草などに含まれる赤い色の色素成分で天然由来の有用成分です。  

その抗酸化力は非常に強力で、βカロチンの約100倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約1,000倍もの抗酸化力があり、網膜に有害な過酸化脂質の増加を防いでいます。

紫外線ダメージ(UV)や青色光(ブルーライトハザード)といった光の障害から目を保護する働きがあります。

 またルテインと同じく「血液脳関門」と「血液網膜関門」を通過できる性質を持ち、このため眼の血管にたどり着き、有用な物質として働くことができる数少ない物質なのです。

またゼアキサンチンも同じカロテノイドの一種で、黄色の色素成分であるキサントフィルに属します。アスタキサンチンと同じく強力な有用作用があります。

またクリプトキサンチンも同じキサントフィルに属するファミリーです。

ちなみに緑色の色素成分をクロロフィルといいます。クロロフィルは葉緑素としても知られています。

 

 ビルベリーとは150種類ほどあるブルーベリー種の中でも、ポリフェノールの 一種である青紫色の色素「アントシアニン」を豊富に含んでいます。

これは植物が紫外線から実を守るための成分です。

1940年代、ブルーベリー愛好家の英国空軍パイロットが「夜間飛行を得意とした」というエピソードをきっかけにブルーベリーの研究は始まりました。

研究の末、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」には、光を信号に変え、ものの見やすさを左右する物質「ロドプシン」の再合成を助ける働きに関係していることが知られています。

ビルベリーには、そのアントシアニンが一般のブルーベリーより約4倍も多く含まれています。

 他にもタンニン、ヒドロキシ桂皮酸、ヒドロキシ安息香酸、フラボノール配糖体などを含有しています。

 

 カシスの実は、特別なアントシアニンを含みます。

カシスは、「黒房すぐり」「黒すぐり」ともいって、黒に近い

濃紫色をしており、

カシス特有の吸収性に優れた4種類の「カシスアントシアニン」を含んでいます。

中でも、高い有用性をもつ「デルフィニジン」を豊富に含むとして、注目されています。

毛様体筋の緊張を緩和する働きがあり、ピントフリーズ現象を改善するサポートがあると言われています。

 

これら主な栄養成分は、体内で生成できません。           日々継続的に摂取して、補うことが大切です。


☆目と脳には、「関所」があることを知っていますか?

「血液脳関門(BBB)」と「血液網膜関門(BRB)」は、ビタミンEもビタミンCも、β-カロチンも侵入を拒否されます。

 

脳には「血液脳関門(BBB)」があり、

目には「血液網膜関門(BRB)」という関所があります。

抗酸化物質として知られるビタミンEも、ビタミンCも、β-カロチンさえも侵入を拒否されます。

目と脳には血液網膜関門と血液脳関門があり、ルテインとアスタキサンチンはそこを通過できる数少ない成分です。

目の網膜は、角膜から入ってくる光の情報を電気信号に

変換して、脳に伝達する役割を担う神経細胞(ニューロン)で、構成されています。脳と目は視神経によって直結されており、

目は脳の一部と考えられています。

視覚をコントロールするために、その網膜内の正常な生命活動

は厳密に維持される必要があります。

脳内の正常な生命活動を維持するために、脳への有害な薬物

輸送を制御しているシステムがあります。

 

脳と目の入り口には、外から入ってきた薬物のうち、脳や目の

働きに不要な物質や、害を及ぼすと判断された物質は、すべて

はじかれる、侵入を拒否されるという、いわば「関所」のような関門(バリア)があるのです。

 

 それが「血液脳関門(BBB:Blood brain barrier)」と、

    「血液網膜関門(BRB: Blood - retinal barrier)」です。

 この関所のようなシステムはとても厳重なもので、抗酸化物質として知られるビタミンEやビタミンC、

 β-カロチンなどでさえも通ることはできません。

 しかしルテインとアスタキサンチンは、他の抗酸化物質が通れないこの関所を通過することができる数少

 ない物質で、脳内や網膜の奥まで達する事ができます。

通過を許された物質「ルテイン」「アスタキサンチン」「ビルベリー」「カシス」が、眼と脳に到達できるのです。


目の構造(目の断面図)

水晶体と黄斑部に、ルテインとアスタキサンチンが多く存在しています。また黄はん部と網膜には、亜鉛が存在します。

 

もともと角膜と水晶体黄斑部には、「ルテイン」と「アスタキサンチン」というカロテノイドが多く存在し、また黄斑部と網膜には亜鉛」というミネラルが存在しており、目の健康状態を維持しています。

しかし紫外線(UV)や青色光(ブルーライトハザード)、活性酸素、加齢などにより、知らず知らずのうちに少しづつ擦り減っていくのです。

 ルテインやアスタキサンチン、亜鉛が不足すると、黄斑部や水晶体が正常に働かなくなり、目のトラブルを引き起こすこととなります。


ルテインに関する、最新情報
米国本土において、大規模臨床実験AREDS2が行われました。

 

米国において、

大規模な臨床試験が行われました。

米国国立眼科病研究所(NEI)による、世界最大規模の 臨床試験     -AREDS2-が、 FloraGLO®ルテインを使用して実施され、研究結果が発表されました。

米国眼科学会における、加齢性眼疾患研究2略称:AREDS2と呼ばれる臨床試験

米国眼科学会(ARVO)が、20135月にUSAワシントン州シアトルで開催された年次総会において、ルテインが有用であるとの研究結果を発表しました。

本研究は、加齢性疾患研究2(AgeRelatedEyeDiseaseStady2 

略称:AREDS2 エイレッズツウ)と称する、成人におけるルテインの効能を臨床試験する過去最大級のものです。

この研究は、米国国立眼科病研究所(NEI)と国立衛生研究(NIH)によって全米85か所以上で5年間にわたり実施されたランダム化臨床試験です。

調査対象者は、50歳から85歳までの4,203人の方で、その対象者は研究開始時点で罹患しており、ルテインとゼアキサンチン、および亜鉛、オメガ3系脂肪酸、DHAを投与しての効果を検査する目的で行われました。

その研究の結果、ルテイン,アスタキサンチン、ゼアキサンチン、亜鉛、オメガ3系脂肪酸、DHAの投与を行うと、重大な進行リスクを、26%減少させることがわかりました。

また、高い罹患率を19%も減少させることもわかりました。

詳細は、USA眼科学会の学会ジャーナル誌(JAMA)に掲載されて発表されています。

この臨床試験には、米国ケミン社のFloraGLO®ルテインが使用されました。

出典:USA眼科学会(ARVO)のHP。

 

   米国ケミンヘルス社のHP。www.kemin.com

   米国DSM社のHPwww.dsm.com

    日本眼科学会のHP。http://www.nichigan.or.jp/index.jsp

FloraGLO@lutein(フローラグロー・ ルテイン)は、米国ケミンヘルス社の商標です。

この‐AREDS2‐と名付けられた、大規模かつ広範囲な

臨床試験では、米国ケミンヘルス社の全面協力により、

同社製 FloraGLO@Lutein(フローラグロー・ ルテイン)

が採用され、研究グループらによって患者さんへ処方され、

臨床試験に使用されました。

ルテインダブルサポートiは、米国ケミンヘルス社のフローラグロ―ルテインを、100%使用しています。」

○ ルテインの新聞記事から

「ルテインで、認知症予防に期待」、 読売新聞の新聞記事を紹介しています。

「読売新聞の記事」より

 ルテインは、アシストが期待されるとして、多くの人々にご愛用されていますが、上記の今回発表された

新聞記事にありますように、ルテインはさらに、もの忘れやめぐりの不調、うっかりの予防と進行防止に、

大いに期待が寄せられることとなりました。

 

 さらに、東北大学大学院農学研究科の宮澤陽夫教授らの研究によりますと、アスタキサンチンを摂取

すると、赤血球膜中の濃度が高まることがわかり、もの忘れの予防と進行防止に、何らかの機能を持つ

ことが期待されるという発表がなされました。 

 

 

ルテインとアスタキサンチンは、私たちの眼や脳の健康に役立つものと期待されます。

 

確かに、ルテインとアスタキサンチンは「血液脳関門(BBB)」を通過することができる唯一無二のカロテノイド成分であることは、今までの研究で証明されていますが、老化を防ぐことが、物忘れの予防と進行防止に、重要な意味を持つと考えられます。

 

したがって、ルテインとアスタキサンチンは、これから研究が進むにつれ、ますます私たちの眼や脳の

健康維持に役立つものと期待が高まります。

 

 


ルテインについて、USAからの研究報告

USA国立医学図書館 国立衛生研究所より発表!

USAマサチューセッツ州 タフツ大学教授 エリザベス j ジョンソン博士
エリザベス j  ジョンソン博士

 

 アメリカ合衆国(USA)においても、「ルテイン」についての研究が早くから行われており、数々の研究結果がUSA国立医学図書館 国立衛生研究所より発表されています。

 

USAマサチューセッツ州メドフォード タフツ大学の教授で女性科学者である

エリザベス J・ジョンソン博士の研究グループによる、「ルテインが関与し、

生涯においてそのルテインの必要性が示される「ルテイン」についての研究報告」を、

栄養学会の国際誌ニュートリション・レビューズ誌により発表されています。

 

また、2009年11月に日本油化学会主催で開催されたシンポジウムにおいて、

ジョンソン博士がルテインとDHAを摂取することで、有用に改善する事を発表されました。

学会報告の内容は、food style21、2010年1月号に発表されています。

 

 以下はジョンソン博士らの研究グループによる過去十年間におけるその研究報告の表題の一部を

紹介しています。

2005年 915日  

表題: ルテイン代謝、

2007年 3

表題: 食餌ルテインのと加齢におけるリボ蛋白中の血漿カロテノイドとそれらの輸送にゼアキサンチンの役割

2012年 10 10

表題: 高齢者の機能にルテインとゼアキサンチンのための可能な役割

2014年 8月 8

表題: 生涯を通じて、機能にルテインとゼアキサンチンの役割 

 

出典:国際生命科学研究所のホームページより

Elizabeth J. Johnson, .

 

http://hnrca.tufts.edu/elizabeth-j-johnson-ph-d/

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25109868


さらに、ケアサポート成分をプラス!

認知症を予防する、脳内ケアサポートする成分を紹介します。

 

うっかりや、もの忘れが気になる方をサポートする、ケアサポート成分を追加配合!

 

「ルテインとアスタキサンチン、カシス、ビルベリー」にプラスして、「ルテインダブルサポートi」には、

うっかりやもの忘れが気になる方をサポートするための成分素材として、次のようなケアサポート成分素材を、追加配合しています。

 

 

 ☆ 「亜麻仁油(α リノレン酸)」

  亜麻仁油は、身体にとって必要なオイル必須脂肪酸です。

  体内で合成できないため不足しがちな、α リノレン酸(オメガω3系必須脂肪酸)を豊富に含む身体に

  欠かせないオイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TBSテレビ「駆け込みドクター」2015年5月17日放送の中で、脳のはたらきを良くする油として、そして予防にも期待されるとして、「亜麻仁油」が紹介されました。

TBS系列「駆け込みドクター」

http://www.tbs.co.jp/kakekomidr/archives/bn20150517.html

 

☆ 「PS(ホスファチジルセリン)」

  PS(ホスファチジルセリン)は、頭の神経細胞に存在し、脳の代謝に欠かせない成分であり、

  「脳の栄養素」とか「知識栄養素」とも呼ばれ、ひらめきをサポートする栄養素です。

  神経細胞の活性化をアシストし、情報伝達をスムーズにする働きが期待され、医療現場において今最も注目

  されている栄養素材です。

  体内で作ることはできません。サプリメントなどから補給する必要があります。

  

☆ 「α-GPC(グリセルホスホコリン)」

  α‐GPCは、母乳の中にも含まれる成分です。神経伝達物質である「アセチルコリン」の原料となります。

  母乳をはじめとして、ヒトのすべての細胞に存在し、健康維持を支える多彩なはたらきを持つ栄養素です。

  体内で、若さや健康を維持する「コリン」となり、脳にとって大切な神経伝達物質「アセチルコリン」の

  原料で、脳内にて変換されます。

 この「アセチルコリン」が脳内で減ると、うっかりの原因になると言われています。

  α‐GPCは、頭の回転を維持し、ストレスホルモン分泌を抑制し、また成長ホルモン分泌を促進する

  はたらきがあります。

    α‐GPCは、大豆レシチン(大豆に含まれるリン脂質)を加水分解して得られる安心素材です。

  α‐GPCを服用することで、学習能力向上、ひらめきアップなどの研究報告があり、イタリア、ロシア

  などでは医薬品として使用されている素材です。

⦿TVCMで、発毛・育毛の会社「リーブ21」から、毛髪の成長ホルモン分泌を促進するはたらきがあるとして、α‐GPCを主成分とした「αプラス」という健毛食品が発売されています。

「健毛食品 αプラス(120粒入り)」1か月分 8,950円(税込)

「リーブ21」のHP www.reve21shop.co.jp

 

 

☆「DHA(ドコサヘキサ塩酸)」

 DHAはω(オメガ)3系の多価不飽和脂肪酸で、単に魚油と呼ばれることもありますが、

 大型青背魚(青魚)の眼球の背後の脂肪に多く含まれ、人体では脳灰白質部、網膜、神経、母乳中などに多く

 含まれています。

  TVのCMでも、「青魚のDHAで、血液サラサラ効果!」というのをよく見かけます。

スッキリとハッキリを、ダブルでサポート!


ルテインを多く含んだ食べ物は?

ルテインを食事で摂取するには、たくさんの量の人参やブロッコリー、トマトを食べなければなりません。

視界スッキリを、ルテインダブルサポートiで取り戻しましょう!
ルテインダブルサポートiで、スッキリと冴えた明るい毎日を送りましょう!

ルテインは、品質で選びましょう!

失敗しないルテインの選び方

ルテインは品質で選びましょう。失敗しないルテインの選び方は、フローラグロールテインです。

 FloraGLO®LUTEIN(フローラグロー・ルテイン)は、米国のケミンヘルス社の登録商標です。

 

「ルテインダブルサポートi」は、米国のケミンヘルス社が製造するFloraGLO®ルテインを原材料として100%使用しています。

FloraGLO®ルテインは、米国ケミンヘルス社の特許製法によって、マリーゴールドの花びらの樹脂から抽出・精製・結晶化して製造され、世界の主要な特許を取得している、精錬された製品です。

FloraGLO®ルテインは、人間の体にあるものと同一のフリー体ルテインです。エステル体ではありません。

よって、体内にそのまま吸収されやすい性質を持っています。

これが失敗しないルテインの選び方です。

  

ルテインの原料は、アフリカンマリーゴールドを使用しています。

 

 

米国のケミンヘルス社は、ルテインの原料として、

力強く美しい大輪の花を咲かせる

背の高いアフリカンマリーゴールドを使用しています。

日本でよく見かける小ぶりなフレンチマリーゴールドとは、まったく異なる別の品種です。

 

ちなみにマリーゴールドとは、「聖母マリアの黄金の花」という意味があるそうです。

「ルテインダブルサポートi」は、この注目の成分「FloraGLO®ルテイン」を16mg配合!

ルテインダブルサポートiは、フローラグロールテインを16mg配合しています。